電波修正時計の受信環境は?

いつでも標準電波は受信できますか?

標準電波送信所からはほぼ24時間常時電波を送信し続けていますので、いつでも受信は可能です。ただし、標準電波送信所の保守・改修作業や気象影響等により電波送信が一時的に中断されることがあります。(これを停波と言います。)

停波情報や、標準電波の詳しい情報は、こちらへ

電波修正時計は一日中電波を受信し続けているのですか?

電波時計は一日中受信し続けているのではなく、一日に数回決められた時刻に自動的に受信しています。

電波を受信できないと時計は止まってしまうのですか?

電波時計は電波で動いているのではなく、電池や光発電で動いていますので、時計が止まることはありません。受信環境の良くない所や、海外など電波が届かない所では通常のクオーツ時計の精度でご使用いただけます。

受信しやすい環境と受信しにくい環境って?

受信しやすい環境

  • 夜中から早朝
  • 木造家屋
  • 窓際
  • 標準電波送信所の方向に時計のアンテナを向ける(※)
    ※製品によってアンテナの搭載位置が異なる為、取扱説明書等でご確認ください。
  • 周りに高い建物の無い、見晴らしの良い場所
  • 晴れの日

受信しにくい環境(参考)

下記は、電波受信しにくい場所です。受信環境の良い場所を選んで、ご使用ください。
場所が同じでも、雷雨などの悪天候、時間、季節などによって電波状態が一定でないので、受信できない場合もあります。

電化製品, OA機器
家庭電化製品、
OA機器のそば
(テレビ、スピーカー、
FAX、パソコンなど)
工事現場, 空港のそば, 交通量の多いところ
工事現場、空港のそば、
交通量の多いところなど
乗り物の中
乗り物の中
(自動車、電車、飛行機など)
マンションやビルなどの鉄筋、鉄骨の建物の中、およびその周辺
マンションやビルなどの鉄筋、
鉄骨の建物の中、およびその周辺
※但し、窓ぎわに置くと
受信しやすくなります。
高圧線、架線の近く
高圧線、架線の近く
金属板の上、山の裏側・・・など
金属板の上、
山の裏側・・・など

上記場所を避けて受信させてください。それでも受信しにくい場合は方向をかえたり、場所をかえて受信してみてください。

また、ウオッチの場合、腕にはめたままでは受信しにくい場合があります。腕から時計を外し「受信しやすい環境」で動かさないで受信してみてください。

(注):本内容は、日本時計協会会員及びその製品に適用されている事項です。