環境保全

環境関連法規制(製品に含まれる有害物質に関する法律)の順守

※1: EU-RoHS:電子・電気機器における特定有害物質の使用制限についての欧州連合(EU)による指令
    REACH:欧州連合 (EU) における化学品の登録・評価・認可および制限に関する規則

時計は日本国内だけでなく、世界各国に輸出されます。製品に含まれる有害物質に関する規制は各国により異なるので、それぞれの国の法規制を調査し、企画の段階から法規制に対応した製品を製造しています。

工場の環境保全活動

日常的に工場では保全活動を行って環境保全に貢献しています。

※2: 3R(スリーアール)とは、リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、リサイクル(Recycle)の3つのR(アール)の総称です。

製造工場で順守する法規制

  • 公害防止組織法
  • 工場立地法
  • 温暖化対策法
  • 省エネルギー法
  • 大気汚染防止法
  • ダイオキシン特措法
  • 水質汚濁防止法
  • 下水道法
  • 浄化槽法
  • 騒音規制法
  • 振動規制法
  • 悪臭防止法
  • 廃棄物処理法
  • PCB特措法
  • PRTR法
  • 毒物劇物取締法
  • 化審法
  • 消防法(危険物)
  • 高圧ガス保安法
  • 安衛法(化学物質)
  • その他 条例等

製造工場で順守する環境法規制はたくさんあります。法規制を順守するのは当たり前のことですが、危険物や有害な化学物質の使用量の削減、より安全なものへの代替する活動も行って環境にやさしいものづくりを行っています。